体にあらわれる副作用|世界的に人気の育毛剤「ミノキシジル」の副作用について

体にあらわれる副作用

タブレットを見ている男性

ミノキシジルはそもそも血管を拡張する薬として開発されました。ただ、ミノキシジルには血管の拡張以上に育毛効果が確認されたので、今では世界的に人気の育毛剤として認識されています。
日本でもミノキシジルを利用した育毛剤「リアップ」というものが発売されていますので、実はミノキシジルは日本人にとっても身近な薬だといえるのです。
リアップはミノキシジルがわずかしか含まれていないので、副作用が出にくいのですが、通販でミノキシジルの濃度が高いものを購入した場合は副作用が強くあらわれることもありますので、必ず副作用について覚えておきましょう。

ミノキシジルの副作用の中でも、身体的な症状として多いのが動悸、頭痛、顔の紅潮などです。これらの症状に関しては血管が拡張されたことによって生じるものなので、比較的多い副作用だといえます。
他には、胸の痛み、性的不能、意識朦朧、手足のむくみ、不整脈など比較的重い副作用が生じることがあります。これらは薬を多量に服用した際に発生する副作用で、服用の量を守っている場合は生じないことが多いです。万が一服用量を守っていながらもこのような副作用が生じた場合は、かならず病院に行くようにしましょう。

副作用のことを考えると、日本で製造されているリアップのように低用量のミノキシジルを利用する事をオススメするのですが、ミノキシジルは濃度が上がるほどに発毛効果が強くなることが確認されていますので、本気で髪を生やしたい方は高濃度のミノキシジルの方が効果を発揮します。
高濃度のミノキシジルを使用する場合は、必ず副作用に注意し、何かあった場合はすぐに行ける病院を調べておきましょう。そして何より、副作用を起こさないためにも必ず用法用量を守ることが重要です。